親子で演奏できるかもしれない

目標を持って練習に取り組む

明確な目標があればそれに向かって頑張って練習を続けることができます。
親子でピアノを習えば、発表会で連弾するという目標が生まれます。
自宅でも積極的に、勉強ができるでしょう。
子供だけが習い事をしている状態では、なかなか自宅で練習できないかもしれません。
親が練習しろと命令しても、聞いてくれないケースが多いです。

親子で習っていれば、練習を促せるでしょう。
一緒に練習すれば孤独ではないので楽しく練習できます。
難しい曲が課題になると、子供は諦めてしまうことが多いです。
しかし、そこは親が説得してください。
一緒に練習すればできると子供に伝えれば、挑戦してくれると思います。
難しい曲なら、たくさん練習して弾けるようになりましょう。

賢い子供に成長させるために

小さい頃から、脳を鍛えましょう。
すると物覚えがよく、賢い子供に成長します。
脳を鍛えるためには、指先を使うことが重要です。
この指先を使う運動に、ピアノが勧められています。
順番に指を使って鍵盤を弾く作業が、脳を鍛えることに繋がると言われています。
子供だけでなく大人にも、指先を使うことが効果的です。
老化防止に繋がるので、親子で挑戦してください。

ピアノを習わすこと、音感やリズム感が身に付く面もメリットです。
将来は、音楽に道に進ませたいと考えている人がいるでしょう。
それなら幼い頃から音楽に触れさせて、才能を伸ばしてください。
ある程度成長してから習っても、才能を伸ばしにくいです。
幼児のうちに習わせるのが、最もおすすめです。


この記事をシェアする